車値引きスルー|車の値引き情報ならスルーをご覧ください

なぜ海外は車を長持ちするのか

海外の方って車をすんごい長持ちしますよね。
物持ちがいいんでしょうか?

 

日本でもタクシーなんかの走行距離のメーターを見て驚く方が多いと思います。
20万キロくらい走っている車両が多いですよね。
日本では車の寿命は10万キロといわれていまして、
10万キロを突破すれば買い換える人がほとんどです。

 

しかし、海外では日本のタクシー程度の走行距離走っている車がほとんどですよね。

 

これは単に海外の車の品質がいいとかそういうことではなく、
自動車ユーザーの意識にあると思うんです。

 

日本のユーザーは10万キロで寿命というの、一般的に言われている定説を信じ、
みんながそういうのなら私もそうしよう!
という考え方で10万キロで買い換える人が多いです。

 

では海外ではどうでしょうか?

 

車は10万キロで寿命なんて定説ありません。
彼らの中では車は完全に動かなくなったら寿命。
そんな意識があるのでしょう。

 

ですから当然10万キロ程度で車を買い替えるユーザーなんてごく一部です。

 

映画でも見られると思いますが、
海外の自動車ユーザーはすんごい古い車を乗っていますよね。
しかし日本の道路ではそのような、すっごく古くてオンボロな車なんて、
めったにお目にかかれません。

 

上記のことからも、海外ユーザーは日本の倍近い走行距離が通常、
というのが理解できるかと思います。

 

こうしてみると日本ってやはりお金持ちの国なんだと思います。
10万キロごとに車を買い替えられる。ローンも組める。
そんな人ばかりなのです。
海外では考えられないことなのです。

 

つまりそいった、国の環境的な要素も関係しているのでしょうね。