車値引きスルー|車の値引き情報ならスルーをご覧ください

若者の車離れが叫ばれている中・・・

若者の車離れ、最近騒がれていますよね。

 

第一位公共の乗り物が発達しているので必要がない
第一位ガソリンが高い
第一位保険料が高い
第一位税金が高い
第一位車検が高い
第一位給料が少ないから購入できない

 

上記のようなことが訴えられていますが、
こういったことってあまり関係ないと思うんです。

 

一番の原因は、時代が変わったらだと私は思います。
確かに上記の項目のような細かな影響はあるにもあるのですが、
現代ってさほど車が好きな若者いますか?

 

時代により考え方も違う

 

ちょっと昔は、車を所有しているとステータスになったりする時代でした。
しかし、今はどうでしょうか。
逆に若くして車を所有していると、

 

第一位貯蓄できない

 

第一位将来のことを感がえられない

 

などと言ったデメリットとして、他人から見られることが多いです。
そういったことも車離れを影響させているんだと思うんです。

 

車は消費資産だということを若者を理解しているんですね。
確かにあれば便利ですが、維持費と利便性を比べると、
維持費をとってしまいますね。

 

多分一度車を所有してしまえばもう車を一生所有しつづけるんでしょうけど、
まだ所有していない若者が新規に購入するケースってかなり少ないと思いますね。
ムーヴ 買取

近頃私は車の売却をしたのですが、その際に1つ難関に直面しました。業者選びです。
車の売却をするのであれば、やはり買取業者のお世話になりますね。そこで私は業者を選ぶために、ネットで色々な情報を集めていたのです。さしあたって私は、自宅の近所に有る車の買取業者の店舗を調べました。

 

難関に直面したのは、その時です。あまりにも数が多かったのです。

 

私の自宅の近くに有る車買取業者の店舗は、数十社以上という状況ですね。その数多くの所から、自分に最適な所を選ぶのはなかなか大変だと思いました。
それでも車を高く売りたいと思っていた私は、頑張って色々な業者のホームページを見ていきました。しかし、だんだんとその作業が面倒だと思うようになりました。もっと効率的に買取業者を探す方法がありそうに思ったので、改めて別の方法をネットで探してみました。

 

すると、一括査定サイトと呼ばれるものがある事に気が付いたのです。そのサイトを利用すれば、一気に複数の業者に車を見てもらう事ができますね。1社1社の業者のホームページを見るのも良いですが、却ってそのサイトの方が効率が良いと思ったのです。

 

そこで私はある一括査定サイトから、私の車の情報などを色々送信しました。その際には、年式や走行距離なども入力した覚えがあります。送信後しばらくすると、複数の業者から連絡がありました。業者に出張に来てもらって、私の車を見てもらったのです。

 

そして各会社による提示額には、やや違いがある事が分かりました。私はその複数の業者の中で、もっとも高い金額を提示してくれた所を選びました。そして車を売却したと言う訳です。

 

ちなみに一括査定サイトで情報を送信して、車の売却に至るまでのスピードは数日程度でした。しかし一社一社のホームページを閲覧し続けたら、恐らくもっと多くの日数がかかってしまっていたでしょう。一括査定サイトを用いてみて、正解だったと思います。

続きを読む≫ 2014/12/11 00:01:11 車全般カテ

中古車の買取価格についてなのですけれども、相場が基本的な事になって来ると思います。この相場なのですけれども、そう簡単に変わらないのではないかと考えている方もおられますが、それは大きな間違いなのです。自動車の相場というのは毎日ぐらい変わっている事を忘れてはならないのではないでしょうか。本当に常に変動している物なのです。

 

自動車の車種やグレード年式や、走行距離など、重要な要素は大きいのは間違いありません。だけれども、それ以上に、この相場が価格の影響を受けているというのは忘れてはならないでしょう。ですから、どれぐらいの金額で買取をして貰いたいのかを考えた場合には、この相場の部分をしっかりと調査しておかなければならないでしょう。
カローラフィールダー 買取

 

この相場をしっかりと掴んでいれば、買取の時の交渉をする時には、高くも出来ますし、安くにもなってしまうのです。やはり少しでも高く買取をして貰いたいと思うのならば、きちんと相場の部分はチェックをしておかなければ非常に大きな損をしてしまうのは言うまでも無いと思います。気を付けましょう。相場が分かれば業者さんがどれぐらいの値段で買い取ろうとしているのかが分かりますし、逆に非常に安く買い取ろうとしている業者さんの意図に対してきちんと対策を取ることも可能になって来るのです。ちゃんと覚えておいた方が良いでしょう。

 

続きを読む≫ 2014/06/03 17:37:03 車全般カテ

自動車の査定をしてくれる人はどういった部分を見て査定額を算出しているのでしょうか。
今から査定をしようと考えている方にとっては非常に気になる部分ですよね。

 

一般的に言われているのはやはり、外装と内装でしょう。
外装にキズがついてないか、内装は清潔さが保たれているのかどうかなどを見られています。

 

そして、エンジン周りの事は忘れてはいけない部分でしょう。
例えばエンジンに、変な音が混ざっていないかどうかを観るのです。
オイルや、プラグの状態なども見られてしまいます。

 

ついつい忘れがちなのが、改造した部分もそうなのです。
この改造した部分なのですけれども純正品があるかどうかでも、査定が大きく下がってしまう場合があります。ですからもし、改造をしたとしても、純正品はきちんと持っておかなければならないでしょう。

 

他にも、エンジンをオーバーホールされている方もおられますよね。
あるいは載せ替え等を行っている、ヘビーなカーマニアの方もおられるかもしれません。

 

そういった場合は、きちんと申告をしておかなければならないでしょう。
申告をしただけでもプラス評価に繋がるのです。

 

後はエンジンルームにある車体番号は、いじらないようにしましょう。
改ざんや、移植をした場合ですと、査定額が付くどころか、買取を取りやめるケースもあるからです。

 

続きを読む≫ 2014/04/28 11:56:28 車全般カテ

自動車の流通の中で、最近、自動車の新車中古車の販売では無く、
買い取りが注目されるようになってきました。

 

ちょっと考えてみれば、自動車を販売して利益を生んでいるように思いますが、
買い取って利益を出すのかとも思ってしまうくらいですが、
自動車買い取りを看板にしているところがどんどん増えてきています。

 

大方の買い取り業者は、買い取った車両を、自動車オートオークションに出品して、
セリによって買い取った車両を処分して現金化して利益を上げています。

 

買い取り業者は、買い取った車両にあまりお金をかけないでオークションに出品してしまいます。
買い取った価格にオークション会場までの陸送代、
オークション出品料などをプラスした価格以上にセリの価格が上がっていけば利益が出るのです。

 

ですから、新車中古車の販売の下取り車両を再販している所のように、
クリーニングをして、板金塗装などの加修をして、
車検整備や点検整備納車点検にお金をかけて商品化した価格に利益を上乗せして、
中古車としての販売価格をつけて販売するよりリスクが少ないからでしょうか、
買い取り業者が増えています。

 

最近では、中古車の販売専業店でも、
現金買い取りの看板を掲げたところも多くなってきています。

 

こちらの買い取りのメリットは、自動車のオートオークションで競り勝って高い価格で仕入れるより、
個人からの買い取りなので仕入れを安く抑えることもできるからなのです。
 
ただ、自分の車を代替えしたいときなどは、下取りに出すより、
買い取り業者でも買い取り価格を出してもらっても良いかもしれません。

 

大体下取り価格より買い取り業者の買い取り額のほうが高い事が多いからです。
最近、『購入は販売店、下取りは買い取り屋さんへ』と言われるように、買うのは販売店から、
でも下取りには出さないで買い取り業者に持ち込もうみたいな考えが多くなっているのも事実です。

 

代替えの際や使わなくなった車両の処分は、買い取り業者にも声をかけてみてはいかがでしょうか。

続きを読む≫ 2013/12/08 00:12:08 車全般カテ

車を売るならなるべく多くの買取業者に査定してもらうこと。
今では当たり前のようにこの知識がある方が多いですが、
まだまだ、1社に査定してもらい即売する。という人もいます。

 

そんな方のために、なぜ多くの買取業者に査定してもらったほうがいいのかを
ご説明します。

 

多くの業者に査定してもらったほうがいい理由としましては、
業者毎に査定額が違うからです。
「そんなこと言ったって、車の価値は市場が決めるものだから、どこも同じくらいでしょ」
そのような声が聞こえてきそうですので、説明いたしますと、
確かに相場、つまり車の価値は市場が決めるものです。
しかし、販売価格は販売店がきめるもの。
ですので、販売店の方針によって、買取額も変わってくるのです。

 

薄利多売を狙っているような販売店が買い取るとしたら、
もちろん他より高い査定額をつけてきますよね。
高い査定を額をつけ即決させ、数で勝負する。
今ではビジネスの基本的な考え方となっています。

 

逆のケース

 

逆に、高利少売の販売店もあります。
高いので中々売れないが、一発売れればかなりの利益。
これも戦略としては昔からあります。

 

ですので、狙うべきは1つ目の薄利多売の業者ですので、
利益率は低くてもいいから、他の業者に客を逃がさないようにして、
数で勝負をする。

 

このような業者に査定してもらうと、結構高値の額がついたります。
しかし、そのような業者をみつけるのも難しいんです。
ですので、こちらも数多くの買取業者に査定をしてもらい、一番高い査定額を
くれたところに売却する。
という戦略をとるべきなんですね。

 

ぶっちゃ高く買い取ってくれるならどこでもいいんです。

続きを読む≫ 2013/10/31 22:12:31 車全般カテ

海外の方って車をすんごい長持ちしますよね。
物持ちがいいんでしょうか?

 

日本でもタクシーなんかの走行距離のメーターを見て驚く方が多いと思います。
20万キロくらい走っている車両が多いですよね。
日本では車の寿命は10万キロといわれていまして、
10万キロを突破すれば買い換える人がほとんどです。

 

しかし、海外では日本のタクシー程度の走行距離走っている車がほとんどですよね。

 

これは単に海外の車の品質がいいとかそういうことではなく、
自動車ユーザーの意識にあると思うんです。

 

日本のユーザーは10万キロで寿命というの、一般的に言われている定説を信じ、
みんながそういうのなら私もそうしよう!
という考え方で10万キロで買い換える人が多いです。

 

では海外ではどうでしょうか?

 

車は10万キロで寿命なんて定説ありません。
彼らの中では車は完全に動かなくなったら寿命。
そんな意識があるのでしょう。

 

ですから当然10万キロ程度で車を買い替えるユーザーなんてごく一部です。

 

映画でも見られると思いますが、
海外の自動車ユーザーはすんごい古い車を乗っていますよね。
しかし日本の道路ではそのような、すっごく古くてオンボロな車なんて、
めったにお目にかかれません。

 

上記のことからも、海外ユーザーは日本の倍近い走行距離が通常、
というのが理解できるかと思います。

 

こうしてみると日本ってやはりお金持ちの国なんだと思います。
10万キロごとに車を買い替えられる。ローンも組める。
そんな人ばかりなのです。
海外では考えられないことなのです。

 

つまりそいった、国の環境的な要素も関係しているのでしょうね。

続きを読む≫ 2013/10/14 22:28:14 車全般カテ